ED治療について検査する女性医師とED治療のための色々な方法

「ED治療の事なんてなかなか言えない」という方や、「まずどうしたら良いの?」とお思いの方が多いと思いますが、少しでも心当たりがあれば早めに医療機関に相談することをお勧めします。その前にこのサイトではED治療の流れを解説していきます。

ED治療による皮膚湿疹と使用する年齢

ED治療をする場合には、勃起改善薬や早漏防止薬が用いられますが、SSRIの成分が含まれていると、紫外線を浴びた時に皮膚湿疹が出る場合があります。基本的には太陽の光を浴びると皮膚がかゆくなる症状が多いのですが、悪化すると赤く腫れ上がることもあります。日光に対して過敏になることが原因とされていますが、SSRIの薬を服用している間は、この副作用が出続ける可能性が高いとされています。対処法としては、かゆみ止めの薬を持ち歩くことで、皮膚のかゆみや炎症を感じたらすぐにこの薬を塗ることで、症状が悪化するのを防ぐことができます。また汗をかくとかゆみが生じやすいので、こまめに着替えたり、汗を拭うことも大切です。この副作用が気になる場合には、薬を変更することもできますが、SSRIの作用のある薬は全て過敏症の副作用があるので、勃起改善薬だけにするなどの対処が必要になります。ED治療をする年齢は、動脈硬化や糖尿病などが多くなる中高年が多いのですが、早漏の場合は、思春期に一番多いので、20代の患者が早漏防止薬を服用する場合があります。しかしSSRIの作用は若年者にとっては、副作用が出やすい傾向があるので、ペニスに塗るタイプの外用薬を用いて射精までの時間を長くするようにします。早漏は一般的には精神的な不安や極度の緊張が原因なので、薬を服用しなくても経験を積むだけで解決することがあります。中高年の早漏の場合も精神的なストレスが原因なので、パートナーとのコミュニケーションを十分にとることで解決する場合があります。薬を服用しないで早漏を改善する場合には、認知行動療法によって不安を和らげると短期間で射精時間を長くすることができます。